オリックス銀行のカードローンの在籍確認の知っておきたい注意点

カードローンの作成を申し込む場合、その本人確認の1つとして在籍確認があります。オリックス銀行の場合にも、その収入源となる勤め先に本人が在籍していることを確認することになります。オリックス銀行では様々な対応によって、申込者に負担がかからないように配慮しているので、どのような配慮がなされているのかを知っておくことが大切です。まず会社に電話がかかるということで、カードローンを申し込んだことを知られるリスクがあります。それを避けるためには、本人が確実に在籍確認のための電話を受けることができるようにする必要があります。その点、日時を指定しておけば、その時刻にきちんと電話をかけてきてくれます。そこで確実に受けることができるというわけです。けれどもその時間にたまたま、突然の来客があって席を外す場合があります。そのような時にも、オリックス銀行ではカードローンの申し込みのために電話をしたことは明かさないものです。そこで、代わりに電話を受けた人に聞かれた際の理由を用意しておく必要があります。例えば口座開設の申し込みに不備があったなどの理由を考えておけば良いわけです。次に在籍確認のための電話を受けた時の対応ですが、自分の名前を伝えることになります。そして生年月日を聞かれることになります。これは一般的な電話ではあまりない対応なので、そばで聞いていた同僚に違和感を与えることにもなります。この場合にも、どんな理由を説明すれば良いのかを考えておくことが必要です。
オリックス銀行カードローン審査のポイント【申し込み手順・時間・在籍確認】はこちら